FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保健室で

「はぁっ!ああああああああああぁぁああぁっ!うぅん!あはぁっ!うぐ」
「声がでかいってんだよ!このメス豚!」
 男は言っても聞かない目の前の女の口を後ろから貫きながら掌で塞ぐ。
 ぶつかる尻と腹の間から湿った破裂音が連続して上がり、
重い粘液質な音が女の股から漏れる。
「んぐっ!ううぅぅ!」
 口を塞がれながらも、その掌に吹き付けるかのように嬌声をさらに大にする女。
 滑らかに張った尻と腰まで捲り上げたスカートが、
突き入れられるに合わせて揺れ、くぐもった声が音楽準備室に漂う。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

宿直室で4

 樹理の自宅は最上階の12階で、下の部屋よりも間取りが広いようだった。
 内装はフローリングで、間接照明と品の良い壁紙、雑多にならないように
配置してある洗練された家具。
 駐車場も2台分あり--開いていたのでそこに松葉の車を止めてきた--、オートロック付き。
 正に金持ちの家、といった感じだ。
 バレーができそうなリビングを素通りし、樹理の部屋に向かう。
 この間、松葉が樹理を背負って運んだ。
 高橋は無言で付いてくる。まさか、本気で観戦させる--観戦する--つもりか?
「この部屋です」

続きを読む

宿直室で3

 松葉は火照った樹理の乳房をゆっくりと転がすように捏ねた。
 唾液で湿り、興奮の残り火で尖る頂が手のひらに心地良い。
 膝を崩して布団の上に座る松葉に目を閉じ背を預けた格好の樹理は、背後からの
愛撫に満足そうな溜息を漏らし、僅かに身じろぎした。
 その秘唇から松葉が放ったばかりの精が僅かに滲む。
 宵の口、灯りの小さな宿直室に事後の気だるくも甘い雰囲気が漂っていた。
 事が終わってもさっさと着替えたりせず、お互い離れられずに軽く愛撫し合う。
 特にどちらかが言い出した訳でもなく、暗黙のルールとなっているこの時間は、
ともすると激しくお互いを求め合っている時よりも、心を溶かす。
 松葉が愛撫の対象を乳房全体からその頂に変えたのを切欠にしてか、樹理が薄く
目を開けて肩越しに松葉を見上げて告げた。
「せんせぇ?」
「ん?なんだ?」
 松葉は情事の後の気だるさに夢現で答えたが、
次の一言にその眠気が吹き飛んだ。

「高橋先輩に、私達の事気づかれたかも……」

続きを読む

宿直室で2

 くちゃっ!くちゃっ!と粘液質の水音と、か細いあえぎ声、荒々しい息遣い。
 体育館倉庫にねっとりと湿った淫らな空気が満ちていた。
「あぅ…んっ!…あっ」
 女生徒が中年の男性教諭に組み敷かれている。
 女生徒--佐藤樹理--は打ち付けられる腰に押し出されるように、
リズムをつけて小さく喘ぐ。
 教諭--松葉--はその様子を腰を繰りながら、ニヤニヤと眺めていた。
「ずいぶん気分が出てきたじゃねぇか?ええ?気持ちいいか?あ?」
「う、あの……きもち、いいかは……わからない、です」
 返ってくるとは思っていなかった返事が返ってきて、松葉は驚き、
抵抗する事なく体を揺らされている佐藤を見下ろした。

続きを読む

宿直室で1

「んんっ!せんせぇ、なんか今日は凄いねぇ、何かあった?」
 制服姿で四つん這いになり、ショーツだけ下ろして尻を突き出した淫らなポーズで、
担任に後ろから腰を突き入れられながら、佐藤樹理は問いかけた。
 パンパンと拍手のような、下腹と尻がぶつかり合う音が宵の口の宿直室に響いている。
 

続きを読む

プロフィール

五松八雲

Author:五松八雲
趣味100%の物置です。
お目汚しを致しますが、
もし、貴方の慰めになれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。